ページの先頭へ

最新情報

「産学連携ビジネスコンテスト」がスタートしました!

2013/12/1

「産学連携ビジネスコンテスト」が11月30日(土)に法政大学市ヶ谷キャンパスにて、スタートしました。

当日は、文部科学省の平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」で連携している3つの大学(昭和女子大学、東京家政大学、法政大学)の学生が17名参加しました。

このコンテストは海外・国内の旅行用品業界シェアNo.1の株式会社コンサイスに共催企業としてご協力いただいております。

冒頭に、法政大学の鈴木講師より、「実際の企業の課題を調査・発見し、解決策を提案することによって、アカデミックスキルの応用・実践力を身につけることを目的とする。」と説明され、課題は「新しいビジネスモデルの提案(自由課題)」と「(株)コンサイスの新商品開発の提案(規定課題)」の2つが与えられました。

また、(株)ダイヤモンド社の人材開発編集部の間杉氏から企業取材のコツをご説明いただきました。

参加学生を3つのグループに分け、それぞれどちらの課題に取り組むか話し合われました。各大学が持つ専門性や強みを生かすことによって、学生ならではの斬新な企画が提案されることを期待しています。

12月21日に行われるチーム別プレゼンテーションにて、各グループの提案を発表し、入賞チームには実際の販売に向けての参加資格が与えられます。

     

鈴木先生の概要説明の様子       グループ内で自己紹介 ダイヤモンド社の間杉氏