ページの先頭へ

最新情報

「催事販売型インターンシップ」 キックオフしました

2013/1/16

 催事販売型インターンシップが、1月12日(土)に法政大学市ケ谷キャンパスにて、キックオフされました。
 当日は、文部科学省の平成24年度「産業界のニーズに対応した、教育改善・充実体制整備事業」で連携している7つの大学
(昭和女子大学、女子美術大学、東京家政大学、明治学院大学、目白大学、東京家政短期大学部、法政大学)の学生が計43名参加しました。
 冒頭に、法政大学の藤村教授より、「学生の感覚で新たな商品開発をして、それを自分たちで販売することで商店街の活性化に貢献するとともに、学生のみなさんの働く力を高めていくことを目的とする」という説明がされました。
 このプログラムでは、会社設立の後、市場を調査し、新商品の開発・販売を行っていくことを計画しています。なお、このプログラムの実施にあたっては十条銀座商店街様と中井商工会様のご協力を得て、商店街の空きスペースを利用させていただき、、3月に販売を行う予定です。どんなものを販売するか、どのようなサービスを提供できるかは学生たちの今後の企画にかかっています。ぜひご期待ください!
 最後に、催事販売を行ったプロセスと結果を検証し、得られた知見をまとめ、今後の商店街のさらなる発展について、商店街に提言ができればよいと思っております。

     
藤村教授の趣旨説明の様子       概要説明の様子
     
自己紹介の様子       代表取締役社長に就任した欧 勝群さん
(法政大学 法学部 3年)