TALK キャリアデザイン対談~「就業力を育てるにはグループワークが大切です。」有田五郎特任講師・「自分の苦手を克服できたことがうれしい」藤村香里さん

藤村さんが「就業力養成ゼミ」を受講しようと思ったきっかけは何でしたか?

3年次まで合気道部の活動に打ち込んでいたのですが、友人たちがインターンシップなどに参加している姿を見て、少し不安もありました。そんなとき、このゼミを知って、将来に役立ちそうだと思い、参加しました。

このゼミはキャンパスも学部も学年も異なる多様な学生とグループワークに取り組むことが特徴ですが、それについてはどう思いましたか?

以前は、集団での自分の役割を決めつけていた部分があったのですが、このゼミではテーマやメンバー構成によってリーダー役をかって出たり、補佐役にまわったり、柔軟に対応できるようになりました。

グループで議論し、意見をまとめることは大学の授業や実社会でもつねに求められますから、このゼミでそれを実践することはいい経験になりますね。

授業の最後に有田先生が注意すべき点などをコメントしてくださるので、ワーク中には夢中で意識していなかったこともわかり、次回のゼミの参考になります。

単位にならない課外の講座ですが、受講したみなさんは非常に意欲的でした。このゼミの1回目と最後の回にアセスメントを行ったところ、例外なく全員が力を伸ばしていたことにもそれが表れています。何より、学生一人ひとりが自分の成長を客観的に確かめられたことが収穫でした。

文章の要約という課題では、結論は何かをとらえることができるようになり、学科の学びにも良い影響がありました。また、私はもともと要約が苦手だったのですが、弱点を克服できたことが、大きな自信につながりました。このゼミは毎回テーマが異なり、試される力も違うので、今後受講する方には、ぜひ1回1回の授業を大切にして欲しいと思います。

この対談でも、藤村さんの成長を実感しました。今後は社会人として、自信を持って仕事に向かってくださることを期待しています。

※「就業力養成ゼミ」とは…

有田講師による就業力を養うための多種多様な課題にグループワーク形式で取り組む、学部・学科不問の正課外講座

Message

どんな課題も乗り越えていける大学生のキャリアをデザインする。

鈴木美伸特任講師

多くの大学でキャリア教育が展開されてきましたが、社会人のキャリアを大学に持ち込む発想ではなく、大学生としてのキャリアを理解・形成し、社会に通用するものに仕上げて発信していこうというのが私の授業方針です。長年、企業での採用選考・人材育成に携わり、社会人になって大学院で学びなおしてきた視点から言えるのは、大学の学びは社会に直結させられるということです。
わかりやすく整理すると以下の3点になります。
1. 生徒から学生へ導く、2. 大学と社会をつなぐ、3. 学問を統合して理解する
大学は就職予備校ではありません。しかし、就職という未知の課題に対して迷ったり立ち往生したりするようでは、大学の学びはまだ十分とはいえません。どんな課題にぶつかっても乗り越えていける知識・精神力・体力こそが、大学生としてのキャリアです。
文科省の補助金事業で立ち上げられた4年間のプロジェクト活動では、有志の企業と連携した独自のビデオ教材の制作やアセスメントツールを開発して参りました。これからはこれらの知見を学内だけではなく、広く学外にも発信して参ります。

ページの先頭へ