プロジェクト概要

法政大学の取り組み

その1 - 考え、実践するカリキュラムを充実させます。

これまでも法政大学では「キャリアデザイン入門」などの科目を通して、大学で学ぶことの意義を考え、社会で必要とされる能力を育てることに取り組んできました。これに加え、新たに「就業基礎力養成科目」を設けて、文書作成力、情報収集・分析力、状況判断・行動力など、社会で求められる3つの能力の向上をめざします。

また、「学部教育と就業力養成」のように、授業やゼミの学びから得た力と社会とのつながりを理解する科目を充実させます。「就業応用力養成」「キャリアマネジメント」など、卒業生をゲストスピーカーとして招く講義を、全学に向けて公開することも、カリキュラムの充実のひとつ。同時に、正課外教育でも新規プログラムを拡充し、正課教育との連携による相乗効果を狙います。

その1 - 考え、実践するカリキュラムを充実させます。

科目・カリキュラム
基礎科目
キャリアデザイン入門
キャリアデザイン演習
就業基礎力養成Ⅰ/Ⅱ
企業と経済の動向
学部専門科目
キャリアマネジメントⅠ/Ⅱ
就業応用力養成Ⅰ/Ⅱ
文学部生のキャリア形成
現代のコモンセンス
キャリア入門
実践キャリア論
International Business and Employability Ⅰ/Ⅱ
その2 - 社会と接するための「職業コミュニティ」をつくります。

社会人として活躍している卒業生と、在学生とが身近に交流できる「職業コミュニティ」をつくります。学生にとって、社会人の体験談を聞くことは、自分の将来像を具体的にイメージすることにつながります。それが同じ大学、同じ学部の先輩ならば、なお自分に置き換えて考えやすいはずです。

また、大学時代に学んだことが、社会人としての日々にどう役立っているかを確かめることで、学習やさまざまな活動に自信と自覚を持って取り組むことができるでしょう。在学生だけでなく入社3年未満の卒業生と中堅・ベテラン社会人との交流を提供することや、キャリアセンターで卒業生のキャリア相談を行うことも、一人ひとりのキャリアを大切にするという意味で、大学の役割だと考えています。

その2 - 社会と接するための「職業コミュニティ」をつくります。

ページの先頭へ